MISS Wedding net

Follow us

  • Facebook

  • Twitter
  • Instagram
  • RSS

ドレス & きもの

編集部注目!

2017.10.12

ドレス選びの黄金ルール〜「大胸・小胸」の悩みを解消〜


理想のドレスはあるけれど、試着してみたら、なんだかイメージと違う……。そんなプレ花嫁のために、気になる体型を美しくカバー&会場で着映えするドレスを、タイプ別にご紹介します。晴れの日に輝く、あなたにぴったりの一着を探してみてください。

ボディラインが強調されるドレス。バストのラインは全身のバランスにも影響します。個人差がある部位だからこそ、自分らしいベストバランスを手に入れれば、ドレス姿はさらに美しく見えます。今回はそんなバストのラインの悩みを解消してくれるデザインをご紹介します。


会場タイプ:ホテル&ゲストハウス
“ストレートラインのビスチェで上半身が引き締まる”



◆MARIA LOVELACE/マリア ラブレース
チュールに白いスパンコールの刺繍を施したデザインは、今どきの主張しすぎない華やかさを演出します。
ドレス¥940,000(レンタル価格¥430,000)/マリア ラブレース

【きれい見せのポイント】
ビスチェタイプ+ビスチェにチュールを重ねることによって大きな胸を深く包み込み、上半身がぐっとすっきり。スパンコール刺繍の効果でウエストも引き締まって見えます。

【会場映えの理由】
チュールを幾重にも重ね、さらに後ろ姿にもボリュームをもたせたデザインは、広い会場で映えて。スパンコール刺繍が光を浴びてキラキラと輝くさまもドラマティック。

Share

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE