MISS Wedding net

Follow us

  • Facebook

  • Twitter
  • Instagram
  • RSS

ジュエリー

編集部注目!

2018.04.05

【物語を宿すアイコン・リング3】ブルガリ


BVLGARI

《グラマラスな煌めきとともに、婚礼のはじまりを祝して》
アモーレ(愛)の都とも言われるローマを本拠地とする、イタリアを代表するハイジュエラー「ブルガリ」。初めてエンゲージメントリングが交わされたヴェネチアの土地や年号にちなんだ、情熱的な愛を彩るにふさわしいコレクションが人気を集めています。


♦Dedicata a Venezia 1503
エンゲージメントリング発祥の年号を冠する


Dedicata a Venezia 1503
最初にエンゲージメントリングが交わされたヴェネチアへ捧げられるコレクション。なかでも、これはその記念すべき年号である“1503”がつけられたもの。サイドにもパヴェが施されたエンゲージメントは、ラグジュアリー感ある1本。ハーフエタニティと重ねてさらに豪華に。

1.“デディカータ・ア・ヴェネチア 1503”〈Pt×センターストーン1.0ct〉¥2,250,000(0.3ct~¥490,000~)
2.“デディカータ・ア・ヴェネチア 1503”〈Pt×ダイヤモンド〉¥250,000



♦Incontro d’Amore
運命の愛の出逢いをドラマティックに


Incontro d’Amore
出逢った瞬間のときめきを呼び覚ます、ボリューム感ある艶やかな表情のコレクション。恋に落ちたはじまりから、その愛が永遠になる瞬間をとらえ、薬指に留めるリングへと仕立てられています。

3.“インコントロ ダモーレ”〈Pt×センターストーン1.5ct〉¥7,690,000(0.18ct~¥260,000~)
4.“インコントロ ダモーレ”ハーフエタニティリング〈Pt×ダイヤモンド〉¥240,000

Share

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE