MISS Wedding net

Follow us

  • Facebook

  • Twitter
  • Instagram
  • RSS

会場 & 海外リゾート

DIY

2018.08.31

おしゃれ花嫁の新潮流、DIYで作る「ボタニカルウエディング」って?【2】

DIYで作る「ボタニカルウエディング」2
おしゃれ花嫁に話題沸騰の結婚式スタイル、「ボタニカルウエディング」。植物がもたらす心地よさや彩りを、心までオープンになれる演出やぬくもりあるギフトの中に込めることで、おふたりのセンスや想いがゲストにしっかり伝わるはず。

そんなボタニカルな演出は、リゾートやレストランではもちろん、DIYならホテル婚でも実現可能。DIYならではの一歩先行くアイディアで、みんなの記憶に残る素敵なパーティを目指しましょう!


Couple Space

屋内にテントを張ってワクワクするスペースに


Couple Space


自分たちをもっとよく知ってもらう場でもある結婚式だから、新郎新婦が座る高砂席だって、ふたりらしさを演出。

ピクニックやキャンプが好きなふたりなら、緑をたっぷり盛ったテントの下にデッキチェアを並べて、とことんアウトドアなスタイルに。高砂席以外のスペースに設置して、ゲストが楽しめるフォトブースにするのも手。


Welcome Board

グリーンモスの温もりがパーティを彩る


Welcome Board


ウエディングDIYの代名詞・ウエルカムボードもボタニカル仕様にすれば、装花同様の華やかなデコレーションに。

例えば、文字をくりぬいた紙をウッドボードにのせて、文字部分にグリーンモス(苔)やドライフラワーをボンドで貼りつけてアレンジ。植物のナチュラルな立体感が、会場になじみながらもゲストの目をひいてくれます。


Thanks Gift

ドライテラリウムで両親への感謝を伝えたい


Thanks Gift


ほんのり灯った光と植物の温もりを感じるアレンジメントは、結婚式のあとにも思い出とともに残しておけるから、両親へのギフトにおすすめ。

Thanks Giftの作り方


ガラスポットの底にLEDライトを沿わせて、ドライモス、ドライフラワーの順にグルーガンで糊づけして飾っていきます。仕上げにメッセージタグを貼り、革紐を巻きつけたら完成。


Name Tag

レザーの名前入り席札にスペシャル感が漂う


Name Tag


テーブルセッティングに欠かせない席札にこそ、変化球のアレンジを。ナプキンホルダーにしたネームタグは、市販のレザーをマッチ箱サイズにカットして、ゲストの名前をハンダゴテで焼きつけたもの。

100円ショップにも置いてあるハンダゴテは、誰にでも簡単に使えるツール。仕上げには、季節の花の彩りもお忘れなく。


Decoration

ワクワクする仕掛けが楽しいペーパーバッグをぶら下げて


Decoration


会場の天井に這わせた枝から吊るされたのは、三角のペーパーバッグ。実はこれ、ウエルカムスナックが入っています。

Decorationの作り方


色をつけたトレーシングペーパーをテトラ形に折り、紙の端をミシンでステッチ。穴に糸を通せば完成。試験管に挿した花々と一緒に揺れる姿が、楽しいパーティの始まりへと誘ってくれます。


Escort Item

席への誘導役に小さなギフトを添えて


Escort Item


ゲストを席までご案内するエスコートアイテムとして、見た目も可愛いワックスバーをDIYで。

Escort Itemの作り方


作り方は、湯煎したキャンドルをシリコン型に流し込み、アロマオイルを一滴垂らしたらドライフラワーを置いて固めるだけ。エントランス近くの壁にずらりと並べれば、それ自体が素敵なデコレーションになります。


〜誰でも簡単にできるDIYアイディアが、本になりました!〜


おしゃれDIYウエディングの作り方 中身


ボタニカルウエディングを叶えるかんたんDIYテクニックが一冊の本に。オリジナリティあふれる結婚式を実現したい花嫁は必見です!

おしゃれDIYウエディングの作り方 例1


おしゃれDIYウエディングの作り方 例2


おしゃれDIYウエディングの作り方 例3




おしゃれDIYウエディングの作り方 表紙


『おしゃれDIYウエディングの作り方』
誰でも簡単にできる小さなアイテムの作り方から、会場空間の使い方、パーティのコンセプト例、コーディネート演出のヒントなどが満載。夢を叶えた新郎新婦のパーティ実例もたっぷりご紹介しています。テイクアンドギヴ・ニーズ(¥1,500+税/世界文化社刊)
詳しくはこちらから>>>



MISSウエディング2018秋冬号 掲載
Text:Hitomi Takahashi

Share

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE